2014年7月25日金曜日

フォスフォフィライト サポートページ1



宝石の国なら髪の毛はクリアパーツにすべき所だったんでしょうけど・・・
初参加&新作数2、初量産、サンプル提出と考えるとちょっとキャパオーバーで無理でした
一巻表紙の緑っぽいフォスイメージです。
機会があればクリアバージョンも出したいな・・・

自分の基本の確認のために作ったのですごく初心者向けキットです。



まずはパーツが揃っているかどうか確認。全15パーツです。アホ毛なくし易いので注意。
パーツ欠品ありましたらご連絡ください。
表面にはまだ離型剤がついているので、中性洗剤+ぬるま湯につけて一晩おいて、次の日歯磨き粉+歯ブラシでパーツをひとつひとつごしごしする。
表面がきゅきゅっとなったらOK!


次にパーティングライン、ランナー処理。
レジン面に対しデザインナイフを垂直に立ててカリカリ削る。
詳しくは・・・有名大手サイトをみてくれいw

このへんまではどのガレキでも共通のきほん・・・らしいです。
すいません私自身初心者ですw




次はパテ埋め。↑の箇所をパテで接着。400番ヤスリで成形し、600番、800番でフォロー。



各所針金を刺して仮組、台座にたててみます。

 台座に垂直に真鍮線を立てます。
で、それを基準にフォスの尻にガイドマーキングして穴空けしていくんですが・・・

垂直に立てた真鍮線に下穴をあてて欲しい角度に調整、垂直の真鍮線の延長になるようシャーペンで線を引く。

だいたいで様になりますw

コツはちゃんと両目で見る事。
手を一杯に伸ばして作業してました。




 このガイドの延長線になるようにピンバイスを入れていきます。

正面・後ろ・側面から角度を確認しながらゆっくり進行。
下から見た図。
全体構図がYの字を描くと美しいです。
仮組完了!



フォスの博物誌スケッチブックですが・・・作業は簡単だがめんどくさいwです。

腕固定用の線は後ろに3mm程とび出てます。紐は一旦貫通させて折り曲げ、余った長さを適当にカット
紐はアルミ線1.2mmを5cmほどにカット、指で軽く曲げたものです。
取説に書いたとおりにパテ埋めし、↑状態までいったら紐のみ一旦引き抜き。
深さ半分穴が埋ってる感じです。
板と紐を別々状態で塗装して、紙を挟み、再び紐を穴に刺す。

まあ白紙をあとで固定接着する為の処置なんですが・・・
紙イラネな人とか紙にてきとうに切り込みいれてはめればいいじゃん?な人は
アルミ線パテ埋固定した後一緒に塗装 こんなことしなくていいw
つか強度的にはそっちの方が強い・・・

白紙は2cm×3cmを推奨、プラ板の厚さ0.3mmを使用しました。







0 件のコメント:

コメントを投稿